まつげが傷む原因とは

長く、ボリュームのある、フサフサのまつ毛に憧れている方は多いと思います。
しかし、日々のお化粧や動作が、無意識のうちにまつげの寿命を縮めてしまっているかもしれません!!
まつげの寿命とは

まつ毛にも髪の毛と同じで、毛周期があり、

・生えはじめ(成長初期)
・伸びる時期(成長期)
・成長が止まる時期(退行期)
・抜け落ちてから発毛までの準備段階に入る時期(休止期)

を1サイクルとして繰り返しています。

まつげサイクル

髪の毛の場合、毛周期は3〜6年のサイクルですが、まつ毛の毛周期は3週間〜4ヶ月のサイクルと 非常に短いことから、まつ毛は髪の毛のように伸び続けずに、一定の長さが保たれています。

成長期のまつ毛にエクステを付けると、2〜3週間後のリペア時に根元部分が数ミリ伸びています。

まつげサイクル2

まつげを守るには
正常な毛周期を繰り返していけば健康なまつ毛が保たれます。しかし、無意識に毎日行っている 行為がまつ毛の毛周期を狂わせている原因になっているかもしれません!

1)こする
洗顔する時に、ゴシゴシこすったり、花粉症シーズンや黄砂等の影響で目がかゆいからと言って こすってしまうと、まつ毛は抜けてしまいます。まつ毛は髪の毛と違い、皮膚表面の浅い部分に生えている 状態なので、少しの刺激で抜け落ちやすいのです。

2)化粧の落とし残し
ウォータープルーフ等の落としにくい化粧の落とし残しは、まつ毛にも負担がかかり、抜ける原因にも なっています。ウォータープルーフの化粧品を使うのであれば、顔全体に同じクレンジングを使わず、 目の周りは目元専用のクレンジングで優しく落としてあげることが大切です。

また、若い方・忙しい方に多いのが、化粧を落とさずに寝てしまうこと。これはもまつ毛にとっては大きなダメージです。 一晩化粧を落とさずに寝てしまっただけで、まつ毛やお肌の寿命は半分縮まると言われています。

3)ビューラーの使い方
ビューラーも間違って使用してしまうと、まつ毛に大きな負担を与えてしまう事になります。 ビューラーを使う時は、根元から力いっぱい折るように仕上げるのではなく、優しく、まつ毛をいたわるように カールするようにしましょう。

また、ビューラーのゴムは小まめに取り替えるようにしましょう。古くなったゴムをそのまま使っていたら、 ビューラーの金属部分で直接まつ毛を挟むのと同じ事になってしまい、その部分からプツンと切れて しまうので注意しましょう。
まつげを守るには
一般的に肌が再生する時間は夜10時〜2時の間と言われています。この時間は、まつ毛も他の部位と同時に 成長する時間帯です。
ですからこの時間帯にはベッドに入っていたいですね。

また、まつ毛は食生活やストレス、寝不足によってもダメージを受けます。それを考えると、 まつ毛に限らずですが、美容と健康のためには規則正しい生活をする事が一番ですね。