エクステと温度&湿度

6月7月の気候

日本特有の気候である梅雨。毎日雨ばかりで、気持ちがのってこない。 ましてジメジメした湿気でメイクのノリも悪く、髪型もきまらない・・・。
そして梅雨が明けたと思ったら!ギラギラの太陽と湿度の高さが重なって蒸し暑い毎日がやってきます。 汗と湿気でまたもやメイクや髪型が崩れる・・・なんてことありますよね。

でもまつげエクステなら汗によるアイメイク崩れの心配はほとんどありません。 しかし、なんにでも強い訳でもありません。
正しい扱い方、知識をつけてメイク崩れの心配を忘れて!夏を快適に過ごして下さいね。

梅雨対策

エクステは基本的に水に強いですが、長時間水に触れていると髪の毛と同じように膨張し、 形状を変え、接着剤と離れやすくなります。
なので、梅雨時期はモチが悪く感じる方が多いのです。 マメに乾かすという方法が一番の対策かもしれません。
ですが、湿度が低過ぎるとまつげは乾燥してしまいます。 接着剤はある程度の水分は必要なんです。

そこで、マメに乾かし、美容液等で潤してあげる!それがまつげエクステを長持ちさせる良い方法です。

プールや海・サウナ対策

夏になればプールや海へ出かける方も多いのではないでしょうか?
またリゾートでサウナや岩盤浴を楽しむ方もいらっしゃると思います。 まつげエクステは基本的に水に強いですが、塩水、海水に濡れてしまうと接着剤の劣化が早まります! 汗をかいた時や、海に入った後は洗顔をして冷風ドライヤーで乾かしましょう。

またサウナや岩盤浴等の高温多湿の場所に長時間居ますと、 エクステのカールを変えてしまう可能性がありますので注意しましょう。

施術後のポイント

施術後に水分に触れてしまうと、モチが衰えてしまうだけではなく、白化してしまいます。
接着剤は完全に乾くまで24時間程かかりますので、最低でも5〜6時間は水に濡らさないようにして下さい!!